泊手系

 

shuriteNahateTomariteUechi-ryuKobudoryuei-ryu

 

 長嶺 将真

 長嶺 高兆

  

松林流

松村宗棍から首里手を継承した喜屋武朝徳(1870~1945)・知花朝信の高弟新垣安吉(1899~1929)、泊手の松茂良興作(1829~1898)の流れを引く本部朝基(1870~1944 注1・注2)に師事した長嶺将真(1907~1997)が創始した流派である。

長嶺は自らの空手修業を振り返り、胃弱な身体を鍛えるため1925年(大正14)→1926から久場長仁(1904~1989)に師事し空手の稽古を始めた。その結果体調も日を追って回復したようである。その後一期先輩の島袋太郎に稽古をつけてもらい、最初の師である新垣安吉)と出会った。新垣は島袋の師でもあった。1931年(昭和6)12月~1933年(昭和8)→1936 8月まで喜屋武朝徳に師事した。その後東京警視庁へ研究巡査として派遣された時(1936年4月)半年余にわたり本部朝基(1871~1944)に師事した。長嶺は永年勤めた警察官を退官し、1953年(昭和28)1月那覇市内に本格的な空手道場「松林流空手道興道館」を建設した。

流派の命名について長嶺は「私は〈首里手〉の喜屋武朝徳先生、〈泊手〉の本部朝基先生の直弟子として、両先生から長い間指導を受けたが、喜屋武先生は〈首里手〉中興の祖と言われる松村宗棍先生の直弟子であり、本部先生は、〈泊手〉中興の祖と言われる松茂良興作先生(1829~1898)の直弟子に当たり、私は松村宗棍先生、松茂良興作先生の孫弟子になるわけで、両先生の偉業と人間像を永く後世に顕彰する意味で、昭和22年(1947)7月、松村、松茂良の松の一字を以て、松林流空手道興道館と命名したのである。(『史実と伝統を守る 沖縄の空手道』)」と述べている。

型として普及型Ⅰ・Ⅱ、ピンアン(初段~五段)、ナイファンチ(初段~三段)、アーナンクー、王冠、ローハイ、汪楫、パッサイ、五十四歩、チントウ、公相君などを指導している。

松林流は現在日本本土、北米・南米を中心に多くの海外支部を有している。

なお、剛泊会の渡嘉敷唯賢先生も泊手を継承します(仲宗根正侑先生系統)。

参考文献:沖縄空手の定本(津波清著・NPO法人 沖縄空手道・古武道支援センター発注)

本部家より情報提供(2012年5月)
注意1:本部朝基先生の生まれ年は、1870年である。(本部家所蔵の戦前の首里市発行戸籍謄本による記載)
注意2:本部朝基先生は、泊手の松茂良先生だけでなく、首里の松村先生、糸洲先生、佐久間親雲上その他にも師事しております(出典:本部朝基『私の唐手術』1937)。