本部流

 

shuriteNahateTomariteUechi-ryuKobudoryuei-ryumotobu-ryu

本部朝勇先生 上原清吉先生

 

明治政府の廃藩により本部家「本部御殿」最後の当主となった第11代、本部朝勇師(1857~1927)は幼少の頃父、朝真より本 部御殿に古くから伝わる一子相伝の武術を伝承し、さらに武芸の幅を広げたく、当時の首里手、泊手の大家に師事、独自の型を含め多数の型を習得していた、大 正年代には「沖縄唐手研究クラブ」を設立し当時の空手家諸師の指導に当たっていた。

その頃、予ねてから朝勇師に師事していた上原清吉少年も当クラブへの出入りを許された、後に朝勇師は清吉少年に父、朝真から伝承した一子相伝の武術の他、首里手や師独自の型を伝授すると共に、大正15年、上原清吉へ「本部御殿手12代宗家」を伝承した。

本部流の術理は空手、古武道、御殿手の三つの体系をなしており、空手、古武道には十数種の型、御殿手には、剣術、槍術、薙術、取手、舞方など多くの技が伝承されている。

御殿手頂点の技は舞方にあり、舞方は琉球古典舞踊の三つの「手」を駆使した王朝時代の「武士のたしなみ」を優雅に舞武する至高な武芸である。

上原清吉師(1904~2004)は昭和36年、本部家に由来する武術を「本部流」と称し、さらに昭和45年、本部御殿に伝る一子相伝の武術を「本部御殿手」と命名し、活動団体として「本部御殿手古武術協会」を設立した。

清吉師は平成15年6月、ご自身の後継者に、大阪府在住(本部家)の本部朝正師を「14代宗家」に指名し、本部流の活動団体「本部御殿手古武術協会」の活動本部も沖縄より大阪の本部家へ移行し現在に至っている。

 

沖縄本部御殿手空手古武道協会