ボランティア通訳ネットワーク

空手専門ボランティア通訳関与プログラム

(VIP Program)

 

毎年、多くの外国人が空手修行の為に沖縄を訪れます。滞在中、道場での稽古のほか、セミナーへの参加、競技大会や演武大会への参加および観賞などの機会が多くあります。

稽古の際、空手の技は基本的には身体で伝えていくものですが、言葉で伝える事も多くあります。現在、英語で指導できる指導者は増えていますが、外国語でのコミュニケーション能力が必ずしも十分ではない指導者もいます。

その言語の壁を乗り越えることができれば、指導者も、外国人もよりよい滞在と稽古ができ、交流がスムーズに行われると思い、私たち「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」は「空手専門ボランティア通訳関与プログラム・Volunteer Interpreter Participation (VIP) Program」を立ち上げ、空手界の応援と力になれたらと活動しています。

 

大きく分けて二つの目標で活動を行っています。

  1. 言葉の壁を乗り越えて、来沖される外国人そして沖縄の指導者の相対交流をさらに活発化させること。
  2. 「世界に通用する人材の育成」を大きな目的とし、ボランティア活動を通じて、地元の人材に国際交流の場を提供し、彼らの言葉と文化を伝える能力の向上を目指す。

 

言語サポートを頼みたい方はこちらへ

通訳ボランティアとして応募したい方はこちらへ