言語サポートを頼みたい方はこちらへ

通訳ボランティア派遣制度

 

この制度は、日本語が不自由な外国人空手家やその家族を支援するため、「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」に登録されている沖縄県民及び日本語の話せる外国人ボランティアの通訳を派遣する制度です。運営は、沖縄伝統空手・ネットワーク形成支援実行委員会が行っています。

10ヶ国語以上、数十名の通訳ボランティアが、この制度に協力くださっています。制度を利用する費用は無料ですが、若干の派遣料(交通費を含む)が発生する場合もあります。

通訳ボランティアとして応募したい方はこちらへ

 

制度の概要

 

1 通訳できる言語
・ 英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語など

 

2 通訳できる内容
・ 沖縄の道場訪問時の通訳、空手関連施設訪問時の通訳、指導者や関係者との個人面談時の通訳、演武大会や競技大会での訪問時の通訳が対象です。
・ 次のような内容は対象外です。
              ・ 空手と関係のない活動

              ・ 上記活動終了後の時間、パーティなどでの通訳など

 

3 派遣できる場所
・ 沖縄県内の空手・古武道道場や関連施設及びスポーツ公共施設

 

4 派遣できる曜日
・ 原則として、毎日8:00~21:00の中で、2時間程度。

 

5 通訳派遣の費用
・ この制度は無料ですが、場合によって若干の派遣料(交通費を含む)を負担していただくことがあります。派遣料は、場所と内容によって異なりますので、まずご相談下さい。
・ 支払いは事前に、「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」にお収めくださいますようお願いします。通訳ボランティアには、「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」から交通費相当が支給されます。

 

6 申し込みできる方
① 沖縄県内の空手・古武道道場主、空手・古武道団体責任者及び関係者からの申し込みを原則とします。
② 外国人本人が派遣を希望する場合は、メール又はお電話でご相談ください。
 

7 ご注意
通訳ボランティアは、ボランティア活動であり、職業として行っている通訳ではありません。万一、通訳内容に関してトラブルが生じても、ボランティア個人及び「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」は、責任を負うことはできません。空手・古武道道場主、団体責任者及び関係者が、通訳内容について、責任を持つことを前提として、派遣を申し込んでください。

 

利用の流れ

① 申込者は、「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」の受付窓口に、依頼書を提出します。
② 受付窓口が通訳ボランティアを探します。
③ 受付窓口が通訳ボランティアと内容と派遣の詳細について打ち合わせします。

④    派遣料(交通費を含む)発生の際、申込者は事前に派遣料を収めます。

⑤    通訳ボランティアが当日、通訳を行います。

⑥    通訳後、申込者と通訳ボランティアが受付窓口に報告をします。

⑦    交通費発生の場合、「沖縄伝統空手総合案内ビューロー」から交通費相当を通訳ボランティアにお支払いします。

 

通訳派遣申し込みの受付窓口

 

沖縄伝統空手総合案内ビューロー

〒900-0006沖縄県那覇市おもろまち2-5-7-205 (株式会社沖縄メディア企画内)

電話:098-851-3669

FAX:098-995-3589

E-mail: desk@okkb.org

ホームページ:www.okkb.org