当サイトについて

サイトの経緯

事業の目的

沖縄県の産業創出支援事業について

 

サイト経緯

当ホームページは、沖縄県文化振興課の「平成23年度 文化芸術振興・産業創出支援事業」として採択された「沖縄伝統空手 総合窓口機能構築プロジェクト」の一環として、2011年11月に一般公開されました。運営団体は、「沖縄伝統空手総合案内ビューロー(旧名:沖縄伝統空手・ネットワーク形成支援実行委員会)です。

 

 事業の目的

本事業は、沖縄空手の発展と関連産業の振興に向けた沖縄県及び沖縄総合事務局の検討結果(沖縄空手交流推進事業報告書沖縄感性・文化産業研究会報告書)等をふまえて、民間活力により沖縄伝統空手の「総合窓口機能」を構築することを目的としています。

沖縄伝統空手の道場や団体は、沖縄伝統空手のブランド価値の源泉です。すでに連携されている組織を阻害することなく、沖縄伝統空手を求める世界の空手愛好家と「総合窓口機能」を通してつながりながら、沖縄空手の価値を具現化し、同時に世界レベルの人的ネットワークを形成していくことを目的としています。

 

沖縄県の産業創出支援事業について

 

本事業は、沖縄県文化観光スポーツ部の「文化芸術振興・産業創出支援事業(第二次募集)」における採択企画として取り上げられました。

文化芸術振興・産業創出支援事業の趣旨と目的

沖縄県は、沖縄伝統文化・芸術等など多様で豊かな文化資源を数多く有していることから、これらを貴重な地域資源として保全・継承しつつ、適切な創造・育成を図るとともに、その担い手への支援、継承者の育成支援を強化する必要がある。

また、これら文化資源は観光資源としての高いポテンシャルも有していることから、文化産業として戦略的に創造・育成していくことにより、地域の活性化や観光の振興につなげていくことが求められている。

本事業では、伝統芸能、民俗芸能、伝統行事などの文化資源を活用したイベント等の実施や、伝統文化等の担い手・継承者の育成など、本県が有する貴重な地域資源などを活用した各種取組みに対して事業実施のための費用を支援する。

なお、支援の対象事業は、文化資源を活用し、その保存・継承・創造・発展につながる計画性の高い取り組みで、担い手・継承者の育成、文化産業の創出、地域の活性化、雇用機会の増大等に資するものとする。(沖縄県の資料より)

 

平成23年度 文化芸術振興・産業創出支援事業 ロゴマーク